コーディング代行業者見直しでおさえておきたい比較ポイント

コーディング代行業者見直しでおさえておきたい比較ポイント 新規ウェブサイト生成から数年が経つと、顧客ニーズやSEOトレンドの変化などからコーディング代行業者の見直しを迫られる場面が増えてきます。コーディング代行業者を見直す場合と継続する場合では、その後のコストパフォーマンスにどのような影響が現れるのでしょうか。

多くの企業では、ウェブコンテンツ生成から保守管理までをひとつのパッケージにして委託しています。ひとつの代行業者に対しては数年単位での契約が主流になっていますが、ここのところサイトコンテンツのアクセス数が伸び悩んでいる、SEO対策がうまくいっていない、などのトラブルが見られた場合には業者の変更を検討する必要が出てきます

業者の見直しを検討する場合は、短期的なメリットではなく、ロングスパンでのコストパフォーマンスに着目しましょう。たとえば、サイトのアクセス数が数週間単位で落ち込んでいるからといって、それがただちにサイトの充実度に起因しているとはかぎりません。一時的にリンクからのサイト流入が減っているのかもしれませんし、あるいは、タイミングによって多少アクセス数が変動しているだけなのかもしれません。いずれにしても、ウェブシステムの現状をまず分析し、そのうえで問題点をピックアップしていくことが優先事項になります。

最新ニュース