コーディング代行で注意したい!ホワイトSEOとブラックSEO

ウェブサイトも販促チャネルの主力としてとらえられている今、コーディング代行においてもSEO対策が必須業務となっています。効果的なSEO対策は自社サイトに対する検索エンジンの評価を高め、サイトコンテンツへのアクセスを飛躍的に上昇させてくれます。

SEOは大きく、ホワイトハットSEOとブラックハットSEOに分けられます。ホワイトハットSEOはいわゆる正規ルートでのSEO対策のことで、適切なマーケティングによってキーワードごとの検索バリューをリサーチし、そのうえでひとつひとつのコンテンツやリンクとの関係性を調整する、などのプロセスが含まれます。

一方、ブラックハットSEOは裏道のSEO対策のことで、具体的には、ダミーサイトやダミーコンテンツを配置し、メインサイトへのアクセス数を強制的に増やすことで検索エンジンの評価を上昇させる、という手法がとられます。

ブラックハットSEOはSEOの黎明期においては一部のウェブサイトで多用されましたが、検索エンジンのアルゴリズムがアップデートされ、ホワイトハットSEOとの区別がより厳密になると急速に衰退し、ここ数年はコーディング代行でもタブーとされています。

遠まわりにはなりますが、健全なホワイトハットSEOを積み重ねることによってサイトコンテンツの拡充につながりますし、長期的には利益の安定化に結びつきます。